自分に合った入れ歯をつくる【歯科利用でトゥースピース】

女性

こんな症状も要注意

矯正

矯正歯科治療を行う場合、多くは歯並びが悪くかみ合わせが良くない方が行う治療法というイメージがありますが、それだけではありません。こんな症状の場合も早急に矯正歯科治療を行う事をオススメします。代表的な症状では、出っ歯(上顎前突)、乱ぐい(八重歯・叢生)、受け口(下顎前突)などです。思い当たる場合は矯正歯科治療を行っている病院へ相談した方が良いですね。まずは出っ歯(上顎前突)ですが、矯正歯科治療を行う事で審美的な口元、歯周組織に優しい歯並び、転倒などでの外傷を防ぐ、咀嚼効率の改善、発音などが改善されます。治療ができる年齢は子供から大人まで対象となります。矯正歯科治療の目安としての期間は約1年~2年半、1ヶ月に一度の通院で行えます。治療費は検査・診断料金で25,000円前後、治療基本料金で60万円前後、矯正処置料金で5,000円前後、合計で75万円前後になります。

次に乱ぐい(八重歯・叢生)ですが、歯の大きさと顎の大きさの調和がとれていないことが原因と言われています。また症状として歯の萌出順序の関係で典型的には側切歯が内側に引っ込み、犬歯が頬側に張り出すいわゆる八重歯となりますが、八重歯でなくとも、凸凹な歯並びのことを総称して叢生(ソウセイ)といいます。乱杭歯などとも呼ばれます。虫歯や歯周病につながりますので早期の治療が必要です。治療期間は1年から1年半くらいかかり、治療費としては前歯での治療で約50万円、下の歯では約30万円となり合計で80万前後かかります。最後に受け口(下顎前突)ですが、矯正歯科治療を行う事で 受け口特有の口元の改善、発音の改善、咀嚼効率の改善が得られます。ただ成人の場合、骨格的な発育成長は既に終わっているのを考慮すると、あまり期待できないという状況になりますので骨格的なアプローチではなく、歯の移動によって受け口を治療することになります。矯正治療期間約1年~2年半、1ヶ月に一度の通院で行います。治療費は総額で75万円から80万円前後になります。